ATAK101 サクリファイス 渋谷慶一郎 feat. 太田莉菜

101




Produce, Composition, Arrange, Programming, Piano, Keyboards: Keiichiro Shibuya (ATAK)
Vocal, Voice: Rina Ohta
Lyrics: Naruyoshi Kikuchi, Keiichiro Shibuya(ATAK)
Additional Programming: evala (ATAK, port)

Recording Engineer: Taiji Okuda (studio MSR)
Rec & Mixed: Taiji Okuda at studio MSR
Recorded Tr2: Sudio ATAK Recorded by KORG MR-2000S DSD recorder
Mixed Tr4: Keiichiro Shibuya at Studio ATAK
Edited: Kohei Hatakeyama (prime sound studio form), Keisuke Fujimaki
(studio MSR)

Mastering Engineer: David Hachour
Mastering Studio: Color of Sound, Mastering Studio, Paris

Photographer:Shin Suzuki
Hair and Make-up:Katsuya Kamo
Design:Ryoji Tanaka(Semitransparent Design)
Shooting and Visual Adviser:Kaie Murakami(SIMONE)
Shooting Coordinator:Jun Ishida


購入はこちら
ATAK Web Shop(ご希望の方には、サインを入れたものをお送りします)
amazon.jp


伊勢谷友介監督作品・映画「セイジ 陸の魚」のメインテーマをポップにビルドアップ。
プロデュース・作曲は渋谷慶一郎、ヴォーカルに太田莉菜、作詞に菊地成孔を迎えた最新型ポップミュージックが誕生。

表題のシングルカットの他にDSDレコーディングによるピアノ+ヴォーカルバージョン、渋谷自ら手がけた6分を超えるダブミックスバージョンを含む4トラックを収録。

マスタリングはデヴィット・ゲッタ「ナッシング・バット・ザ・ビート」などのマスタリング、ミックスを手がけるフランスのカラー・オブ・サウンドのデヴィット・アシュールが担当。非常に立体的な音像となっています。

PVはPARTYの伊藤直樹と清水幹太が制作、2012年2月初旬の公開を予定しています。
また、CDジャケット、アーティスト写真は鈴木心。ヘアメイクを加茂克也が担当するなど豪華なコラボレーション・プロジェクトとなっています。

作詞:菊地成孔、渋谷慶一郎
作曲、編曲:渋谷慶一郎

だんだん何も感じなくなってゆく心に
どんどん雨はひどくなり記憶も濡れてく

だんだんすこしづつ きみが溺れてゆくのを
ぜんぜん何も出来ずにただ見つめてるだけ

ああ こんなに甘くて
物語みたいな

嘘つきじゃなくても わたしも誰もが
悲しむ権利だけ あるのね

とうとう何も感じなくなってゆく心で
ぜんぜん眠れない夜も ああこれでおしまい

ねえ 天使がいるなら たすけて そんな
歌の歌詞みたいな 心の中
去年のいま頃 思い出が まだ痛い頃 きっと決めたの いつか終わる日まで

だんだん何も感じなくなってゆく心に
どんどん雨はひどくなり記憶も濡れてく

だんだんすこしづつ きみが溺れてゆくのを
ほんとに何も出来ずにただただ見つめてるだけ

ああ なんてうつくしい 復讐なのかな
映画の中みたい 抱き合って溶けてゆく

暑すぎる宇宙で わたしもあなたも
そんなつまらないこと するだけ

さよなら もう 終わり なの

渋谷慶一郎
音楽家。東京芸術大学作曲科卒業。2002年に音楽レーベルATAKを設立、国内外の先鋭的な電子音響作品をCDリリース。代表作に「ATAK000+」、「ATAK010 filmachine phonics」など。
2009年、初のピアノソロ・アルバム『ATAK015 for maria』をリリース。
2010年には『アワーミュージック 相対性理論+渋谷慶一郎』を発表。
以後、TBSドラマ『Spec』、映画「死なない子供 荒川修作」、2012年公開の「セイジ 陸の魚」「はじまりの記憶 杉本博司」など映画、テレビの音楽を立て続けに担当。
また国内外でマルチチャンネルによるサウンドインスタレーションを発表、コンサートも行うなど多彩な活動を展開している。
http://atak.jp

太田莉菜
2001年のモデルデビュー以降、国内外の撮影やショーに多数参加、2006年には
MIU MIUのワールド・キャンペーンに出演し世界の注目を集めた。
2004年、映画「69sixty-nine」(李相日監督)でスクリーンデビューし、2010年に出演したショート・フィルム『J’AI FAIM!』(監督・木之村美穂)は、伊ミラノで行われた短編映画祭『ASVOFF』で最優秀賞を受賞するなど、女優としても活躍中。
http://www.anore.co.jp/artist/actress/rina/