News

ATAK News

2016-05-27

渋谷慶一郎が現代に蘇らせる
ピカソ、サティ、コクトーの「パラード」

2016年5月27日、28日(パリ時間)、フランス・パリ市内のMaison de la Culture du Japon à Paris(日本文化会館)にて、舞台作品『Parade for The End of The World』が初演される。

本公演は渋谷慶一郎が『THE END』以来に音楽を担当する久々の完全な新作舞台作品となり、パリ・オペラ座エトワールのスターダンサーであるジェレミー・ベランガールとビデオアーティストのジュスティーヌ・エマードとのワークインプログレス、つまり制作途中の公開と発表されている。

この作品は1917年、パリ・シャトレ座で上演された『Parade(パラード)』のリメイクつまり現代版を作るというプロジェクトとしてスタートしている。
『Parade』は音楽をエリック・サティ、美術をパブロ・ピカソ、脚本をジャン・コクトーが担当した当時のスーパーコラボレーションによる15分の伝説的な演目で、舞踊史上のみならず、芸術史上においても重要な作品とされている。

来年でこの『Parade』が上演から100年を迎えることを見越して、「世界の終焉に向かうパレード」をテーマに約50分に構成した作品の制作途中を公開する。

渋谷曰く、「音楽はサティによるスコアのビート、拍節構造、テンポチェンジなどリズムの側面は全てそのままなぞって音は全て入れ替える、たまにシンセサイズされたモチーフも挿入される」とのことで、当日はピアノ、コンピュータ、タイプライターなどがダンサーと共にステージにセッティングされる模様。

当時、音楽や舞踏といったジャンルを軽々と越境し、観る者を驚愕させたように、『Parade for the End of the World』も総合芸術の地平を切り拓く可能性を秘めている。奇跡の出会いを果たした日仏のアーティストが生み出す新たな『Parade』の誕生の瞬間は見逃せない。

また『Parade』100周年の関連企画として、5月7日より15日まで、ピカソによって描かれた『Parade』(1917年)の幕がシャトレ座にて一般公開されている。こちらも併せてご覧いただきたい。

来年、初演から100周年を迎える『Parade』の界隈がまた賑やかになりそうだ。

予告編はこちらから。

Parade for the End of the World世界初演 / work in progress
■日時
5/27、28 20:00~
■場所
Maison de la Culture du Japon à Paris(日本文化会館)
101Bis Quai Branly, 75015 Paris, France

2016-05-14

森、道、市場2016
渋谷慶一郎がDJとして出演

3dan_artistlineup_syusei

森、道、市場

日時:2016年5月13日~15日
DJ JIMIHENDRIXXX (a.k.a Keiichiro Shibuya)の出演は5月14日(土)
会場:大塚海浜緑地(ラグーナビーチ)
〒443-0014 愛知県蒲郡市海陽町2丁目39番

【LINEUP】
≪5/13(金)≫
※前夜祭の出演アーティストは後日発表

≪5/14(土)≫
キセル / ペトロールズ / 水曜日のカンパネラ / 天才バンド /
Czecho No Republic / DJ JIMIHENDRIXXX (a.k.a Keiichiro Shibuya) / JAZZ DOMMUNISTERS / 蓮沼執太 /
Yogee New Waves / 水中、それは苦しい / John John Festival /
Licaxxx / 次松大助 / とんちピクルス / butaji / and more…

≪5/15(日)≫
Chara×韻シストバンド / SPECIAL OTHERS / トクマルシューゴ /
モーモールルギャバン / 空気公団 / DJみそしるとMCごはん / MOODMAN /
シャムキャッツ / 中山うり / Yasei Collective / NRQ / ICHI / and more…

2016-04-22

都内某所で発表される
PIGALL「EROS」コレクション
渋谷慶一郎が音楽を担当

渋谷区円山町にアジア初の旗艦店を構えているパリのファッションブランド「ピガール(PIGALLE)」が、世界に先駆けて旗艦店「ピガール トウキョウ」で発表する2016/17年秋冬「EROS」コレクション。

これに伴い、今回のために今年1月のパリコレを再構成したプレゼンテーションを都内某所で行う。音楽はパリコレと同様、渋谷慶一郎が担当しており、プレゼンテーションの空間にはピアノとコンピューターをセッティング。時にはピアノだけ、コンピューターだけ、そのミックスなど、その場で音楽をつくり出していく。

「ピガール」は、ステファン・アシュプール(Stephane Ashpool)がパリで創業。ステファン自ら主催するクリエイティブ集団「パン オ ショコラ(PAIN O’CHOCOLAT)」を通じて音楽からナイトライフまで幅広くカルチャーシーンを席巻している。

■日時
4/22(金)18:30~21:30

■場所
都内某所

・PIGALLE TOKYO
東京都渋谷区丸山町19番11号
PIGALLE 公式HP

2016-04-14

J-WAVE新番組「AVALON」
テーマ曲を配信リリース

avalon

4月4日からスタートしているJ-WAVE春の新番組『AVALON』。このテーマ曲として書き下ろされた「AVALON」が、iTunes、Amazon Musicなど、TuneCore Japan連携の30以上のデジタル配信ストアより世界一斉に配信、販売される。また追って、高音質音源がOTOTOYなどから配信、販売される。
今回、渋谷はオープニング、エンディングを飾るテーマ曲はじめ、サウンドロゴやジングルまで、サウンドに関する全てをプロデュース。
これまで映画やドラマの音楽を数多く手がけてきたことでも知られる渋谷だが、ラジオ番組のサウンドプロデュースを手がけるのは、意外にも今回が初の試みとなり大きな話題を呼んでいる。

ソフトシンセサイザー、リピッチされたリーティング、強力なビートを駆使して作られたこのテーマ曲のフルバージョンが配信される。
渋谷にとっては一切ピアノを使わない完全なデジタルミュージックの久々の新曲リリースとなり、シングルカットにふさわしいキャッチーな仕上がりとなっており、ミックスとマスタリングもアーティスト自らが手がけている。

番組は、NEW GENERATION(若者)だけが住む近未来の街「AVALON」が舞台。ナビゲーターはその街をより良くする政党の代表という設定で、街を全体を統括する「謎のプレジデント」から繰り出される難題に街の住民(サポーター)と共に議論しながら街を成長させていくという内容。
番組コンセプトに合わせ、研ぎ澄まされたデジタルノイズのレイヤーの間を歪められたシンセやリピッチされたボイスがレイヤーされた、儚さと同時に未来への希望が感じられる中毒性の高い楽曲となっている。

渋谷慶一郎
音楽家。1973年生まれ。東京芸術大学作曲科卒業。2002年に音楽レーベルATAKを設立、国内外の先鋭的な電子音楽作品をリリースする。代表作に『ATAK000+』、『ATAK010 filmachine phonics』 、ピアノソロ・アルバム『ATAK015 for maria』など。映画「はじまりの記憶 杉本博司」、ドラマ「TBSドラマ SPEC」、最近ではJR東海のテレビCM「そうだ京都、行こう。」など数多くの映画・ドラマ・CMの音楽も担当。2012年には、初音ミク主演による世界初の映像とコンピュータ音響による人間不在のボーカロイド・オペラ「THE END」を発表。同作品は、その後、パリ、アムステルダムで公演が行われ、世界中から上演要請を受けている。現在は東京とパリを拠点に精力的な活動を展開している。http://atak.jp

◼︎AVALON 2016年4月4日(月)放送開始
若者だけが住む架空の街を舞台とした新感覚ラジオドラマで、松岡茉優、KenKen、満島真之介、渡辺直美が、月曜から木曜の日替わりで、ナビゲーターを務める。

J-WAVE 81.3FM
月曜~木曜 22:00~23:30
http://www.j-wave.co.jp

◼︎ダウンロードはこちら

iTunes Music Store – AVALON Keiichiro Shibuya

TuneCore Japan Keiichiro Shibuya アーティストページ

2016-04-15

”TECHNO INVADERS”
テクノイベントに渋谷慶一郎がDJとして出演

TECHNO INVADER_2.13

”TECHNO INVADERS”

出演:石野卓球(電気グルーヴ)、KEN ISHII、砂原良徳、DJ JIMIHENDRIXXX(a.k.a. Keiichiro Shibuya)、SEKITOVA、Licaxxx、Y$K

日時: 2016年4月15日(金) 22:00 Open
会場:渋谷VISION
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビルB1F
チケット:¥2800(前売り)/¥3500(当日)

2016-04-04

J-WAVE新番組「AVALON」
渋谷慶一郎がテーマ曲を担当、配信リリースも

渋谷慶一郎が、4月4日(月)よりスタートするJ-WAVEの新番組「AVALON」のサウンドを担当します。
オープニング、エンディングを飾るテーマ曲だけでなく、サウンドロゴやジングルまでトータルプロデュースとなります。

シンセサイザーを始めとしたデジタルテクノロジーを駆使したテーマ曲は番組開始時期と同時に配信発売されることとなっており、そこではフルバージョン及び全てのサウンドロゴが収録される予定。

AVALONとは・・・
不平・不満・不服が渦巻く街をより良くするために奮闘する政党の代表という設定。彼ら4人の代表の上には、全体を統治する<謎のプレジデント>が君臨。プレジデントから繰り出される難題に、代表<ナビゲーター>たちが、街の住民<リスナー>とともにディスカッションをしながら街を成長させていくというもの。

番組名: AVALON
放送局: J-WAVE 81.3FM
放送日時: 月~木22:00~23:30 (2016年4月4日(月)放送開始) 
ナビゲーター: (月)松岡 茉優 /「夢を捨てるな!」 FIGHTING DREAMERS代表
(火)KenKen /「我が道を進め!」我流の会代表
(水)満島真之介/「己を解放せよ!」FREEDOM MAX代表
(木)渡辺直美/「全てに愛を!」CRAZY IN LOVE 代表

2016-04-02

J-WAVE SAPPORO BEER OTOAJITO
渋谷慶一郎がゲストとして出演

クリス・ペプラーがお酒とともにゲストがオススメする音楽から音楽ヒストリーまで紐解くラジオJ-WAVEの番組、「OTOAJITO」に渋谷慶一郎が出演します。

日時:2016年4月2日(土) 18:00-18:54

J-WAVE 81.3 FM RADIO WEBSITE

2016-03-13

『Playing Piano with Speakers for Reverbs Only』公開試聴会
〜最新ピアノ作の響きを録音現場で確かめる〜

hires

3月11日(金)から3月13日(日)にかけて開催される〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉(ハイレゾ・フェス)の催しとして、渋谷慶一郎がトークイベントに出演します。

登壇 : 渋谷慶一郎 / 國崎晋(Sound & Recording Magazine)
日時 : 2016年3月13日(日)18:30〜19:30
場所 : スパイラルホール

ボーカロイド・オペラ「THE END」が世界中で話題となった作曲家/ピアニストの渋谷慶一郎。そんな彼が昨年末にスパイラルホールで行ったコンサート「Playing Piano with Speakers for Reverbs Only」はDSDで録音され、OTOTOYにて配信がスタートした。生音はPAせずに残響音だけをプロセッシングして作り上げた斬新な音響空間がそのままキャプチャーされたこのライブ音源を、まさに収録した現場で聴きながら振り返る貴重なトーク。配信とは別バージョンの試聴を行うほか、ダウンロード・カード購入者にはその場で本人によるサインも!

〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉公式ウェブサイト

2016-03-09

ショッピングモール「ルクア大阪」一周年企画
渋谷慶一郎がオリジナルBGMを制作

lucua

この3月に1周年を迎える、JR大阪駅直結の駅型商業モール「ルクア大阪」。
そのアニバーサリー企画として、パリ—東京を拠点に活動する音楽家・渋谷慶一郎によるオリジナルBGMが披露されます。

渋谷慶一郎による最新のBGMが2016年3月9日〜4月6日の期間中、全館を流れる予定。

◇期間:2016年3月9日(水)〜4月6日(水)
※『LIFE』のウェブ上においても、一部、試聴することができます(期間限定)。 全貌は、ルクア大阪を訪れた方のみが体験することができます。

LIFE
ルクア大阪

2016-02-26

New Release
Playing Piano with Speakers for Reverbs Only
Keiichiro Shibuya

渋谷慶一郎のニュー・アルバム「Playing Piano with Speakers for Reverbs Only」が配信によりリリースされます。

shibuya_spiral_jacket3_2496

2016年2月26日12時配信開始
5.6MHz DSD+mp3
24bit/96kHz

01. When Attitudes Become Form
02. For Death
03. Our Music
04. J.S.Bach BWV1056-2 Largo
05. Time and Space
06. Mother Song
07. Arnold Schönberg Kleine Klavierstücke Op.19-1 Leicht, zart
08. Johannes Brahms Intermezzo Op.118-2
09. Blue Fish
10. Ballad
11. Sacrifice
12. Ran Across the Bridge
13. Spec
14. Heavenly Puss
15. Open Your Eyes
16. For Maria
17. Memories of Origin
18. My Foolish Heart

Piano: Keiichiro Shibuya (STEINWAY Model-D)
Location: Spiral Hall
Date: December 26, 2015
Reverb Designer: Yoshiyuki Kanamori (Oasis Sound Design)
Recording Engineer: Toshihiko Kasai
Mastering Engineer: Kentaro Kimura (KIMKEN STUDIO)
Producer: Susumu Kunisaki (Sound & Recoding Magazine)

All sounds captured by KORG MR-2000S (1bit/5.6MHz DSD)

Lighting Design: Masayoshi Takada
STEINWAY Model-D: Takagi Kravier
Concert Direction : Shoya Suzuki (ATAK)
Photographing: Kenshu Shintsubo

© 2016 ATAK / Rittor Music, Inc.

このコンサート「Playing Piano with Speakers for Reverbs Only」は 2015年9月に行われた完全ノンPA、アンプラグドのピアノソロコンサート「Playing Piano with No Speakers」のバージョンとして考えられた。 スピーカーを使ったピアノソロのコンサー トはピアニスト自身がサウンドチェックを出来ないという弱点がある。これは当たり前の話なのだが、リハーサルでピアノを弾きながら移動することは出来ないので、自分が弾いている音を会場の他の場所でチェックすることは出来ない。しかし、これが僕には大きなストレスだった。「Playing Piano with No Speakers」 ではそれに対して「スピーカー、マイクを一切使わないピアノの生音だけのアンプラグドなコンサートを行う」、つまりそこにあるピアノを演奏し、その生音を一切の拡張ナシにそのまま聴かせるという極限までシンプルなセッティングの中で、曲間もMCもアンコールも全て取り払って演奏してみた。実際にそのコンサートでは自分の指が弾いているピアノの音とホールの残響だけが演奏中も常に生々しく聴こえて、それまでのピアノソロのコンサートとは異なる感触と手応えがあった。

そのときに思ったのは、ピアノの生音はそのままに、残響のみをコントロールすることでピアノと空間の関係を新しく作ることができるのではないかということだった。弾いているピアノの音自体はスピーカーで拡張することなく、残響成分のみを様々なサンプリング・リバーブを使って変容させ、空間配置した 16チャンネルのスピーカーから再生する。言わばダブミックスのディレイのようにサンプリング・リバーブをピアノに対して使うのだが、元のピアノの音はあくまでも生音のままのほうが良いのでスピーカーで拡張はしない。これは想像上ではベストなセッティングで、現実には存在しない教会でピアノを弾いているようなイメージが僕の中には出来ていた。

結果的にこの試みは成功した。演奏はモニタースピーカーを使うことなしに最上に自然な残響の中で水の中を泳ぐように続き、会場は天井からピアノの音が降ってくるようで思わず上を見ながら陶然としたという感想が多数寄せられた。サウンドエンジニアリングは THE ENDの国内、国外公演をはじめ数年の僕のコンサー トPAを数多く手がけ、音響の志向性や好みを熟知している金森祥之さんを迎えて、これまで存在しなかったピアノと空間の関係を作れたと思う。このフォーマットは今後も更新しながら使い続けたいと思った。

また視覚的な情報は極限まで減らして暗闇と光の境界を作ることで演奏と聴取の集中度は驚異的に上がる。2年前のスパイラルホールでのコンサートでも照明を担当して頂いた高田政義さんに効果としての照明ではなく、ピアノの音と空間に対して光をどうす るか考えて欲しいとお願いした。ひとつのピ アノとひとつの光、空間の残響、この要素のみでこのコンサートは構成された。繰り返しになるがピアノの音はスピーカー で拡張しない。ただ、聴こえない音に耳をそば立てるような懐かしい緊張感を僕は好まない。なのでホールに対して十分な音量を確保できるピアノが必要だと考えてスタインウェイの Model-D というコンサートグラン ドを用意することにした。2年前にスパイラ ルホールで使用したピアノはエレベーターで 搬入できるが、生音のみのコンサートで使うには明らかに音量が足りなかった。スタインウェイのModel-Dは長さ274cmもあるフルコンサートのグランドピアノなので、当日会場脇の道路からクレーンで吊って搬入することになった。宙に昇るピアノ。偶然なのだが、これは僕の新しいプロジェクトとも一致した。

渋谷慶一郎