2018-10-12

アンドロイドオペラ「Scary Beauty」
公開パネルディスカッション
国立音楽大学にて開催決定

2018年7月22日、ALIFE 2018(人工生命国際学会)のパブリックプログラムとして日本科学未来館にて世界初演が行われた、アンドロイドオペラ『Scary Beauty』。本公演のオーケストラを担当した国立音楽大学において、「Scary Beauty」公開パネルディスカッションの開催が決定した。 

今回のパネルディスカッションでは、作曲家の渋谷慶一郎氏をゲストに迎え、公演でオーケストラを統括した国立音楽大学准教授の川島素晴、セカンドヴァイオリンを務めた同学修士課程の伊藤太郎ほかの出演者を交え、これまであまり公に語られてこなかった『Scary Beauty』の演奏面の実際を総括する。

【開催概要】
名称:アンドロイドオペラ「Scary Beauty」パネルディスカッション
日時:2018年1o月12日(金)18:15〜19:45 
会場:国立音楽大学 新1号館N-128合唱スタジオ
   (東京都立川市柏町5-5-1)
料金:無料
公開対象:どなたでも入場可(ただし学内関係者優先)

主催:国立音楽大学創作科目会
お問い合わせ:国立音楽大学総務課 042-535-9510