2013-06-18

今日はmariaの5回目の命日だ。
元気でやってるのだろうか?

3年目まできみの命日は毎回悲しそうな雨が降っていて、
僕もひどく悲しくなっていた。
それが去年は初めて晴れて今年も雨は降っていない。
ふっ切れて色々やってくれていたらと思う。

4年前に震える指でfor mariaを弾いていたのが
今年はTHE ENDまで辿りついた。
どれもきみがいなかったら出来なかったことだ。
ありがとう。

創造をもって死を乗り越えるという5年前の決心を僕は実行しつつある。
限りなく完全な愛に近いとTHE ENDを観た人に言われたけど、
それを可能にするのも死だということも僕たちは知っている。
それは全然悪いことじゃない。

ここからどこに行くのか見守っていてほしい。
見守る、というのは違うな。上から観て面白がっててほしい。
僕も楽しんでいるから。じゃね、また。