Keiichiro Shibuya

Musician. Born 1973. BA of Composition, Tokyo National University of Fine Arts and Music.
In 2002, Shibuya has established ATAK, a music label releasing CDs of cutting-edge electro-acoustic works by various artists from all over the world.
Amongst the label's works are Shibuya's "ATAK000+", "ATAK010 filmachine phonics".
His first piano solo album "ATAK015 for maria" was released in 2009.
In 2010, he released "Soutaisei Riron + Keiichiro Shibuya: Our Music".
Shibuya is also acting as the music composer for movies such as "Shinanai Kodomo, Shusaku Arakawa", "Seiji: Fish on Land", "Spec: Heaven" and "Memory of Origin Hiroshi Sugimoto", etc.
In 2012, he released "Sacrifice Keiichiro Shibuya feat. Rina Ota",
"Initiation Keiichiro Shibuya + Hiroki Azuma feat. Miku Hatsune", and produced the concert "One(X)" in celebration of the 100th anniversary of John Cage's birth.
Also in 2012 he has unveiled and staged "THE END", the world's first vocaloid opera combining imagery and computer music, but not starring any human performers. The performance at YCAM attracted tremendous interest. Also much talked about is Miku Hatsune and Keiichiro Shibuya's opera wardrobe, which was designed by Louis Vuitton's artistic director Marc Jacobs and his studio team.
In May 2013, he performed VOCALOID OPERA "THE END" at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo.
"THE END" perfomance which was held at Paris Théâtre du Châtelet last November was a massive success, and receive positive critical reception.
Meanwhile, "ATAK020 THE END" was released from Sony Music and Sony Music France, and the Europe tour in 2014 has been confirmed.
http://atak.jp

--

渋谷慶一郎

音楽家。1973年生まれ。東京芸術大学作曲科卒業。
2002年に音楽レーベルATAKを設立、国内外の先鋭的な電子音楽作品をリリースする。
代表作に "ATAK000+"、 "ATAK010 filmachine phonics" など。
2009年、初のピアノソロ・アルバム "ATAK015 for maria" を発表。
2010年には "アワーミュージック 相対性理論 + 渋谷慶一郎" を発表。
以後、映画 "死なない子供 荒川修作"、 "セイジ 陸の魚"、"はじまりの記憶 杉本博司"、 "劇場版 SPEC~天~"、"TBSドラマ SPEC" など数多くの映画音楽を担当。
2012年には "サクリファイス 渋谷慶一郎 feat.太田莉菜"、 "イニシエーション 渋谷慶一郎 + 東浩紀 feat.初音ミク"を発表、コンサート "ジョン・ケージ生誕100年記念コンサート One(X)"をプロデュース。
同年末に、初音ミク主演による世界初の映像とコンピュータ音響による人間不在のボーカロイド・オペラ "THE END" を山口情報芸術センター(YCAM)で制作、発表。初音ミク及び渋谷慶一郎の衣装をルイ・ヴィトンが担当し、斬新なコラボレーションが話題を呼んだ。
2013年5月、東京・渋谷のBunkamura・オーチャードホールにて、"THE END" 東京公演を開催。
同年11月には、パリ・シャトレ座にて "THE END"パリ公演を開催。三公演のチケットが即時にソールドアウトするなど大きな話題となった。
また、同時にCD作品として "ATAK020 THE END" をソニーミュージック、およびソニーミュジック・フランスから発表。
2014年4月、パリのパレ・ド・トーキョーで開催された現代美術家・杉本博司の個展に合わせて、杉本とのコラボレーション・コンサート”ETRANSIENT”を公演。個展で発表される杉本のインスタレーション3作品にも立体音響による音楽を作曲、提供した。
同年10月には、昨年THE ENDパリ公演を開催したシャトレ座にて、ピアノとコンピュータによるソロ・コンサート"Perfect Privacy"を開催する。
2015年6月には、ボーカロイド・オペラ”THE END” のオランダ・ホーランドフェスティバルでの公演が決定。
http://atak.jp

--

Keiichiro Shibuya
Musician. Born 1973. BA of Composition, Tokyo National University of Fine Arts and Music. In 2002, Shibuya has established ATAK, a music label releasing CDs of cutting-edge electro-acoustic works by various artists from all over the world, and also embracing creators in various fields such as design, network technology, etc. His first solo album "ATAK000 keiichiro shibuya", released in 2004, was praised as 「a perfect work that rules over the history of electronic music」 regarding its dense compositions with a drastic focus on tone and rhythm.

Up to the present day, Shibuya is continuously engaging in interdisciplinary collaborations with the likes of composer Yuji Takahashi, and complex systems researcher and professor at the University of Tokyo, Takashi Ikegami. The end of 2005 rang in a particularly active period during which the unveiling of a sound installation co-produced with Ikegami at NTT Inter Communication Center [ICC], Tokyo Opera City, and a presentation/concert of the "third term music" theory of music of motion and transformation through applied non-linear physics garnered significant attention as full-blown collaborations between music and science.

In 2006, the sound installation piece "filmachine" incorporating three-dimensional sound and LEDs was shown at Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM], followed in 2007 by the release of a CD version of the same work under the title "ATAK010 filmachine phonics", the world's first three-dimensional audio for headphone listening featuring vertical locomotion of the audio image. The work went on to receive an Honorary mention in the Digital Music division at Ars Electronica in 2007.

In 2008, Shibuya appeared at transmediale (Berlin), the world's largest festival for technology art, with a presentation/concert of "filmachine", and was commissioned by the International Association of Traffic and Safety Sciences to compose music for pedestrian traffic lights, actual road tests of which became a big topic at the time.

In 2009, he took fellow musicians Yasunao Tone, Ryoji Ikeda and Pansonic on the ATAK NIGHT4 Tour around several European and Asian countries, and back to Japan. His first piano solo album "ATAK015 for maria" was released in 2009.
followed in 2010 by the CD "Soutaisei Riron + Keiichiro Shibuya: Our Music", a collaboration with Soutaisei Riron that went to No.1 in the national iTunes music store.

The rest of the year was again a busy time when Shibuya provided music for a documentary movie by Shusaku Arakawa, was invited to appear at the ISEA2010 technology art festival in Germany, played concerts with mum cellist Hildur Gudnadóttir, and was in charge of music for the TV play "Spec" that started in October.

In 2011, he took "filmachine" on a tour around three locations in France, and appeared as opening act at the "LEXUS HYBRID ART" event in Moscow.

In 2012, Shibuya is also acting as the music composer for movies such as, "Seiji: Fish on Land", "Spec: Heaven" and "Memory of Origin Hiroshi Sugimoto", all three of which were screened almost concurrently and became highly popular. In the same year, Shibuya released four full-length CDs including these soundtracks, and produced the concert "One(X)" in celebration of the 100th anniversary of John Cage's birth.
In that year, he released "Sacrifice Keiichiro Shibuya feat. Rina Ota", the collaboration work "Initiation Keiichiro Shibuya + Hiroki Azuma feat. Miku Hatsune" with philosopher and novelist Hiroki Azuma.
Also in 2012 he has unveiled and staged "THE END", the world's first vocaloid opera combining imagery and computer music, but not starring any human performers. The performance at YCAM attracted tremendous interest.

In May 2013, he performed VOCALOID OPERA "THE END" at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo.
"THE END" perfomance which was held at Paris Théâtre du Châtelet last November was a massive success, and receive positive critical reception.
Meanwhile, "ATAK020 THE END" was released from Sony Music and Sony Music France, and the Europe tour in 2014 has been confirmed.

Shibuya had taught at Tokyo University and Tokyo University of the Arts as a part-time professor.

--

渋谷慶一郎
音楽家。1973年生まれ。東京芸術大学作曲科卒業。
2002年にATAK設立。音楽レーベルとして国内外の先鋭的な電子音響作品をCDリリースするだけではなく、デザイン、ネットワークテクノロジー、映像など多様なクリエーターを擁し、精力的な活動を展開。
2004年にリリースした自身初のソロアルバム "ATAK000" は音色とリズムにフォーカスした徹底的に緻密な構成と豊穣なサウンドにより「電子音楽の歴史のすべてを統べる完璧な作品」と評され評価を決定的なものとした。

現在までに作曲家・高橋悠治や複雑系研究/東京大学教授・池上高志らと分野を横断する共同作業を継続的に展開しており、池上高志とは2005年末に東京オペラ シティ内のICC(インターコミュニケーションセンター)で共同制作したサウンド・インスタレーション作品の発表と非線形物理学の応用による変化と運動の音楽理論「第三項音楽」の研究発表/コンサートを行ったのを皮切りに旺盛な活動を開始。音楽/科学を横断する本格的なコラボレーションとして大きな注目を集めている。

2006年、三次元立体音響とLEDを駆使したサウンド・インスタレーション作品 "filmachine" を山口情報芸術センター(YCAM)で発表。
2007年、そのCDバージョンとして音像の縦移動を含む世界初のヘッドフォン専用・三次元立体音響CD "ATAK010 filmachine phonics" を発表。これらによって2007年度アルスエレクトロニカ・デジタルミュージック部門でHonorary mention受賞。

2008年、毎年ベルリンで開催されている世界最大のテクノロジーアートのフェスティバルであるトランスメディアーレで "filmachine" の発表、及びコンサートを行う。 また、国際交通安全学会の依頼により歩行者横断用信号の音楽の作曲も手がけ、銀座交差点で実道実験を行い大きな話題となった。

2009年、ヨーロッパ、アジア数カ国から日本に渡る "ATAK NIGHT4" ツアーを刀根康尚、池田亮司、Pansonicらと共に行う。同年9月には初のピアノソロ・アルバム "ATAK015 for maria" を発表。

2010年、相対性理論とのコラボレーションによるCD "アワーミュージック相対性理論 + 渋谷慶一郎" を発表、iTunes music storeで1位を記録。その後も荒川修作のドキュメンタリー映画の音楽、ドイツで開催されたテクノロジーアートのフェスティバルISEA2010に招聘されmumのチェリストHildur Guðnadóttirとコンサート、ドラマ "Spec" で音楽を担当するなど旺盛な活動を続ける。
2011年、フランス三カ所での "filmachine" の巡回ツアー、モスクワでのイベント「LEXUS HYBRID ART」のオープニングアクトを務める。

2012年、"セイジ―陸の魚―", "劇場版 SPEC~天~", "はじまりの記憶 杉本博司" の3本の映画音楽を手がける。CDではそれらのサウンドトラックを含む4枚のアルバムをリリース。
コンサートでは "ジョン・ケージ生誕100年記念コンサート One(X)" をプロデュース。同年、 "サクリファイス 渋谷慶一郎 feat.太田莉菜"、思想家・小説家の東浩紀とのコラボレーション作品 "イニシエーション 渋谷慶一郎 + 東浩紀 feat.初音ミク" をリリース。
同年末には、世界初の映像とコンピュータ音響による人間不在のボーカロイド・オペラ "THE END" をYCAMで発表。

2013年5月、Bunkamuraオーチャードホールにて、ボーカロド・オペラ "THE END" 東京公演を開催。
同年11月には、パリ・シャトレ座にて "THE END"パリ公演を大成功させ大きな話題となっている。
また、同時にCD作品として "ATAK020 THE END" をソニーミュージック、およびソニーミュジック・フランスから発表。
2014年4月、パリのパレ・ド・トーキョーで開催された現代美術家・杉本博司の個展に合わせて、杉本とのコラボレーション・コンサート”ETRANSIENT”を公演。個展で発表される杉本のインスタレーション3作品にも立体音響による音楽を作曲、提供した。
同年10月には、昨年THE ENDパリ公演を開催したシャトレ座にて、ピアノとコンピュータによるソロ・コンサート"Perfect Privacy"を開催する。

2015年6月には、ボーカロイド・オペラ”THE END” のオランダ・ホーランドフェスティバルでの公演が決定。

現在までに東京大学、東京芸術大学などの非常勤講師も勤める。