News

ATAK News

2015-08-29

寝待月のショー

日時
2015年8月29日(土) OPEN 9:00 / START 10:00

場所
滋賀県大津市桐生キャンプ場

チケット
前売4,000円 当日5,000円

出演アーティスト
渋谷慶一郎
大沢伸一
ACO
七尾旅人
DE DE MOUSE
環ROY
南壽あさ子
jizue
DJ MOTIVE
ノンブラリ
mama!milk
OLIVEOIL
soulflex
アマゾン松田
金木和也
kie
アナタルタヒト
Luca
チルコ
神威

http://nemachizukinoshow.com/

2015-07-22

New Release ATAK022 Live in Paris

渋谷慶一郎のニュー・アルバム「Live in Paris」がリリースされます。

ATAK022 Live in Paris (CD)

2015年07月22日発売

ATAK webshop

Amazon

【リリース関連イベント】

トーク
IMA CONCEPT STORE
2015年8月4日(火) 20-22時(開場:19時30分~) 
渋谷慶一郎×佐々木敦 「音楽/メディアを超えて」
・一般:1500円(税込)
・IMA MAGAZINE定期購読会員:1200円
参加申し込み等詳細はこちら

ブックフェア
下記店舗にて、渋谷慶一郎による選書とATAK特設コーナーを展開していただきました。
IMA CONCEPT STORE
   – 8月31日まで
SPBS 「渋谷慶一郎のライブ・イン・パリをもっと楽しめる10冊」
   – 8月16日まで
青山ブックセンター本店
   – 8月31日まで
SPBS
ABC

メディア
DOMMUNE
2015年7月23日(木) 19-21時
「渋谷慶一郎の王様と割礼 / 第10夜」~『ATAK022 Live in Paris』リリース緊急スペシャル!
出演:渋谷慶一郎、オノセイゲン(Saidera Paradiso)、國崎晋(サウンド&レコーディング・マガジン)、杉田元一氏(ソニー・クラシカル)、松村正人(文筆家)

『ATAK022 Live in Paris』は、2014年にシャトレ座で行われた渋谷のソロコンサートの音源をSACDに収めた作品。同公演は、坂本龍一、キース・ジャレットらの作品でレコーディングやマスタリングを手掛けるオノセイゲンを録音エンジニアに迎え、ダイレクトストリームデジタル技術を駆使してライブレコーディングされた。会場の床や壁の響きなどを詳細に録音することができる同技術によって、演奏が行われた空間を再現している。

収録曲は、『THE END』で披露された楽曲の「初音ミクなし」バージョンや、渋谷が音楽を手掛けたドラマ『SPEC ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件~』メインテーマのピアノソロバージョン、杉本博司とのコラボレーション曲など10曲。ジャケットの写真を蜷川実花、デザインを田中良治(Semitransparent Design)が担当している。なお同作は、通常のCDプレイヤーでも再生できるハイブリッド仕様のSACDとなる。また、高音質による配信リリースも行われる。

【収録曲(全10曲)】
01. Aria for Time And Space (Piano Solo Version)
02. Heavenly Puss
03. Nothing Happens Twice
04. Aujourd’hui le monde est mort/Etransient (Collaborate with Hiroshi Sugimoto)
05. Spec
06. Open Your Eyes
07. Aria for Time And Space (Version)
08. Aria for Death (Version)
09. Aria for The End (Version)
10. At Last I’m Free (Dedicated to Jean-Luc Choplin)

【製品詳細】
タイトル: ATAK022 Live in Paris
アーティスト名: Keiichiro Shibuya
発売日: 2015年7月22日
定価: 3,500円+税
製品番号: SICL 10007
形態: ハイブリッド・ディスク(通常CD+スーパーオーディオCD(SA-CD)ステレオ/5.1マルチチャンネル)
発売元: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

【ハイレゾ配信詳細】
PCM: 96kHz/24bitFlac, 192kHz/24bitFlac
DSD: 1bit2.8MHz, 1bit5.6MHz
mora/VICTOR STUDIO HD-Musicにてアルバム発売と同タイミングで配信スタート
http://mora.jp/
http://hd-music.info/

2015-06-08

THE END アムステルダム公演

国際的な舞台芸術フェスティバル『Holland Festival(ホランド・フェスティバル)』の2015年のメインアクトとして渋谷慶一郎+初音ミクによるオペラ「THE END」が6月4、5日の二日間に渡り「オランダ国立オペラ&バレエシアター」で 上演される。ホランド・フェスティバルは、1947 年から開催されたオランダを代表する国際的な舞台芸術のフェスティバル。シアター、ダンス、オペラ、音楽、映画、ビジュアルアート、文学や建築等ジャンルは多岐に渡る。

『THE END』は、人間の歌手もオーケストラも登場しない、コンピューター制御された電子音楽と多面立体映像によって構成される世界初のボーカロイドオペラのプロジェクト。舞台に登場するのは、初音ミクと動物キャラクターと、先端的音楽を追求する音楽家の渋谷慶一郎自身のみ。映像ディレクションは、アニメーション表現で世界的に注目されるデジタル映像作家YKBX が担当し、渋谷と全体の構成を共同演出した。3.11 以後の世界と「THE END(終わり)」をテーマに、「生と死」に対するリアリティを投げかける。

date
Jun. 04, 2015 20:00〜
Jun. 05, 2015 20:00〜

prices
€35/32,50/30/25/22,50/20

venue
Dutch National Opera & Ballet

info
http://www.hollandfestival.nl/en/program/2015/the-end/

archive
http://atak.jp/en/project/the_end

2015-04-25

六本木アートナイト2015
「ハルはアケボノカフェ DJナイト
produced by J-WAVE」

六本木を舞台に開催される一夜限りのアートの祭典「六本木アートナイト2015」にて、J-WAVEがプロデュースするスペシャルDJイベント「ハルはアケボノカフェ DJナイト produced byJ-WAVE」を開催!

会場は六本木アートナイトの特設カフェ「ハルはアケボノカフェ」(六本木ヒルズ内hills café / space)
出演は、BLUNT、YABUGARASHI a.k.a. MON、社長(SOIL&“PIMP”SESSIONS)、DJ JIMIHENDRIXXX(a.k.a Keiichiro Shibuya)、Square(from CTS)、DJ KAWASAKI。入場は無料!

「都市の文化は夜創られる!」というコンセプトのもとに、ライブペインティングや脳波ビジュアライゼーションなどにDJを組み合わせたプログラムが会場を盛り上げます。

data
2015年4月25日(土) 23:30〜
※DJ JIMIHENDRIXXX(a.k.a Keiichiro Shibuya)は26:00〜

info
http://www.j-wave.co.jp/topics/1504_artnight.htm

2015-04-04

第5回 テクノうどん

テクノうどんは「テクノに合わせて踊る代わりにうどんを踏んだらどうだろう?」という発想から2012年に生まれた企画。

その斬新な発想から第2回目の公演では前売り段階でSOLD OUT。その後、次第に規模を拡大し、昨年7月に行われた第4回では1,000人を超える来場者数を記録。当日入場の制限がかかるほどの大盛況のうちに幕を閉じた。

第5回を迎える今回は、前回以上に楽しんで頂こうと、更に規模を拡大!
場所を東京タワースタジオに移して開催することが決定!

開催は4月4日(土)。桜の咲くこの季節、うどんを踏んだら東京タワーに登ってもよし。
そのまま花見をしても良し。2015年、最も東京タワーを楽しめる日がやってくる!?
 
日時
2015年4月4日(土) 7:00~14:00(うどんL.O 13:00)、16:30~23:00(うどんL.O 21:30)

チケット
前売り 3,000円+1D
当日 3,500円+1D

会場
東京タワースタジオ

info
http://techno-udon.com

2015-02-28

HUMAIN TROP HUMAIN [JOURNÉE THÉMATIQUE]

Robots conférenciers, poètes androïdes et réfrigérateurs ventriloques peupleront cette journée thématique qui vise à approfondir la question de l’humain, présente en filigrane dans les projets de divers créateurs du Bord des mondes. Les transformations génétiques, les performances techniques et technologiques, mais aussi le contexte économique global et son rapport à la productivité remettent en cause la division communément admise entre le naturel et l’artificiel, l’organique et le mécanique et questionnent la nature humaine en ce qu’elle devient artificiellement reproductible. L’identité, le rapport à l’objet et la relativité de l’anthropocentrisme seront abordés à travers une série de conférences, de performances et d’un programme vidéo pensés pour l’occasion.
Les conférences auront lieu en anglais.

Robots, androids and ventriloquists refrigerators this theme that aims to deepen the question of the human, this watermark in projects of various creators of the Edge of the Worlds. Genetic transformations, technical and technological performance, but also the overall economic environment and its relation to the productivity challenge the commonly accepted division between the natural and the artificial, the organic and the mechanical and question human nature in it becomes artificially reproducible. The identity, to the object and the relativity of anthropocentrism will be addressed through a series of lectures, performances and a video program designed for the occasion.

The lectures will be in English.

Date
February 28, 2015 16:00-21:00

Venue
Palais de Tokyo

info
http://www.palaisdetokyo.com/fr/events/humain-trop-humain-journees-thematiques

movie

2015-01-08

いいにおいのする10周年の新年会

performer
Vampillia / Vampillia feat 佐藤千明(赤い公園) / DE DE MOUSE(VJ : rokapenis(VEJ)) / special guest:ATAK Dance Hall (Keiichiro Shibuya+evala) / OA:iiP

Date
January 8, 2015
OPEN 19:00 START 20:00
ADV ¥3000(1D) / DOOR ¥3500(1D) MENS

Venue
渋谷WWW

info
http://www-shibuya.jp/schedule/1501/005809.html

2014-12-27

FPM presents HYPER SOCIETY “大忘年会”
supported by Majesty Japan

VISIONの数あるレギュラーパーティの中でも屈指の大人気を誇る
“HYPER SOCIETY”。

その理由は、主宰TOMUYUKI TANAKA(FPM)自身の素晴らしいプレイスキルに加えて、彼ならではの幅広い人脈から毎回チョイスされる
ゲストアーティストの豪華な顔ぶれにあるといっていいだろう。

“大忘年会”のタイトルが掲げられた今回も、FPMの盟友SHINICHI OSAWAとMASATOSHI UEMURAのOFF THE ROCKER、
先鋭的な作品を数々世に産み出し世界的に注目される音楽家 渋谷慶一郎、世界に活躍の幅を拡げる新世代の旗手DJ KYOKOを初め、多彩な面々が集結して熱かった1年のグランドフィナーレを飾る。

凄まじい盛りあがりが約束された夜。テンションをマックスに高め、身も心も燃焼し尽くしてほしい。

出演者
TOMOYUKI TANAKA (FPM)
OFF THE ROCKER (SHINICHI OSAWA & MASATOSHI UEMURA)
渋谷慶一郎 / DJ KYOKO / ERI TSUKIMOTO / REMO-CON
HIROSHI NAKAMURA (i-dep) / JOMMY (JNGLFVR)
Hoshina Anniversary (Boysnoize Records)
KEISUKE MATSUOKA / ami / Uka / Mine / NINJA STEP
MASAI / DJ レイパー / Yasmar a.k.a Yas Horii
DJ KEI-GO a.k.a アナコンダブァイブス / DJ RENNY POP
Kazunoco / 亀井達也 / KOUHEYxxxSANO / and more

日時
2014年12月27日(土)
OPEN 22:00
¥3,000(1D) LADIES
¥3,500(1D) MENS

場所
SOUND MUSEUM VISION

info
http://www.vision-tokyo.com/event/hyper-society-7