News

ATAK News

2014-02-07

filmachine

Keiichiro Shibuya + Takashi Ikegami

六本木ヒルズ52Fで開催されるMEDIA AMBITION TOKYO 2014に
サウンドインスタレーションfilmachineが展示される。

about “filmachine”

音楽家の渋谷慶一郎と、複雑系科学研究者の池上高志(東京大学教授)の
コラボレーションによるサウンドインスタレーション。
2006年に山口情報芸術センター[YCAM]で制作・発表され、
2008年にドイツ、2011年にはフランスを巡回展示している。

「film + machine」の造語で、filmはここではサウンドが作り出す
非物質的な空間組織的皮膜としてのfilmであり、
また第三項音楽の背景的理論である「テープとマシンの共進化」を発想するための
物質的テープ=filmという、2重の意味を示している。

machineは、インスタレーションとして可視的に空間編成された音響machineであるが、
サウンドによる空間/時間構造をつくる内部観測者的machineでもある。

さらにコンピュータの中で作られた数多くのプログラムを、
アルゴリズミックなmachineとも捉えている。

場所
六本木ヒルズ 52F(東京シティビュー)
東京都港区六本木6-10-1 Tel 03-6406-6652

会期
2014年2月7日(金) ~ 3月30日(日)

入場料
¥1,500 (日/休日 10:00~23:00 | 金/土/休前日 10:00~25:00)

info
http://www.mediaambitiontokyo.jp

2014-01-26

Keiichiro Shibuya Playing THE END
大阪公演

ピアノ 渋谷慶一郎(ATAK)
音響 金森祥之(Oasis Sound Design Inc.)

日時
2014年1月26日(日)
1stステージ: 開場 15:30 / 開演 16:30 
2ndステージ: 開場 18:30 / 開演 20:00

料金
自由席 5,000円 / カジュアル席(1DRINK付)5,000円

チケット
Club BBL会員 先行発売:11/29(金) 一般発売:12/6(金)

※ビルボードライブ大阪のWEB(http://www.billboard-live.com)に加えて、以下のプレイガイドからも購入できます。
チケットぴあ(P: 217-736) 0570-02-9999 http://t.pia.jp
e+ http://eplus.jp

特設サイト
http://www.cyoweb.com/keiichiroshibuya2014

会場・お問い合わせ
ビルボードライブ大阪 / Billboard Live OSAKA 
〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZA ENT B2F
T 06-6342-7722 http://www.billboard-live.com

主催 ビルボードライブ大阪 
企画制作 cyo(http://www.cyoweb.com
協力 ATAK / 毎日放送

2014-01-18

SWITCHインタビュー 達人達(たち)「渋谷慶一郎×蜷川実花」

鮮烈な色彩で人気絶頂の写真家・蜷川実花。
初音ミク主演オペラで世界的注目を集める渋谷慶一郎。
妻の死、自分へのコンプレックス、時代のとらえ方。
創造の壮絶な舞台裏とは

AKBに綾野剛、500人を超える旬の著名人を撮影してきた蜷川。
被写体から本人も見たことのない表情を引き出す極意は?
連日沢尻エリカと格闘し、自らの心の奥底をのぞきこみながら映画を撮った理由は?
アポなしでパリの名門劇場に飛び込み、世界初のボーカロイドオペラ「THE END」上演を成功させた渋谷に密着。
最愛の妻の死、その絶望の中から、蜷川が「よくここまでさらけ出した」と驚く作品を生み出した背景とは?
(SWITCHインタビュー 達人達 Official Pageより)

出演
渋谷慶一郎(音楽家)
蜷川実花(写真家・映画監督)
豊川悦司
沢尻エリカ

語り
吉田羊
六角精児

放送日時
NHK Eテレ
2014年1月18日(土)
22:00~23:00

SWITCHインタビュー 達人達 Official Page
http://www4.nhk.or.jp/switch-int/x/2014-01-18/31/22916/

2014-01-17

「ATAK020 THE END Keiichiro Shibuya+Hatsune Miku」発売記念
渋谷慶一郎 選書フェア

「ATAK020 THE END Keiichiro Shibuya+Hatsune Miku」の発売を記念して、
渋谷慶一郎がボーカロイド・オペラ「THE END」を制作するにあたり
影響をうけた本を集めたブックフェアを開催します。

セレクトした十数タイトルの書籍は、脳科学からアート、人類学の本まで多岐にわたり、
ジャンルを問わずあらゆるものになります。

また、渋谷慶一郎の所有していた本も古本として販売します。

会期:2014年1月17日(金)~2月7日(金)
場所:SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS エンターテインメント棚にて
http://www.shibuyabooks.net/blogs/information/201401141534004731.html

2013-12-08

文化庁国際文化フェスティバル 東アジア共生会議2013

「東アジア共生会議」は、東アジア諸国の文化人、芸術家、文化に関する
様々な分野の学識経験者が一堂に会し、東アジア各国が共生する
未来に向けた理念を作り出すことを目的に開催します。

また,東アジア諸国の文化芸術関係者同士のネットワーク強化を図るとともに、
世界全体の共生にも貢献する東アジアからのメッセージを世界に向けて発信します。

出演
2013年12月8日(日)

【シンポジウム 都市とアート】
パネリスト:
渋谷慶一郎 (音楽家 / 日本)
伊東豊雄 (建築家、くまもとアートポリスコミッショナー / 日本)
オン・ケンセン (シンガポール芸術祭総合監督・劇団シアターワークスシンガポール芸術監督 / シンガポール)
キム・ソンジュン (キュレーター・Samusoディレクター / 韓国)
蔡國強 (美術家 / 中国)
名和晃平 (彫刻家,京都造形芸術大学准教授 / 日本) ほか

モデレーター:
南條史生 (森美術館館長 / 日本)

2013年12月7日(土)
【シンポジウム 世界の中の現代日本文化~ジャポニズム、そして、クールジャパン~】

パネリスト:
ウィスット・ポンニミット (マンガ家・アニメーション作家・ミュージシャン / タイ)
ジャン=フランソワ・デュフール (ジャパンエキスポ代表 / フランス)
トマ・シルデ (ジャパンエキスポ副代表 / フランス)
滕軍 (中国北京大学教授・北京大学外国語学院日本語学部日本文化研究室長 / 中国)
ポン・ジュノ (映画監督 / 韓国)
マーティ・フリードマン (ギタリスト・作曲家・音楽プロデューサー / アメリカ)
増田セバスチャン (アートディレクター / 日本) ほか

モデレーター:
青木保 (国立新美術館長 / 日本)

日程: 2013年12月7日(土)・8日(日)
開場:
7日(土) 13:30開場 / 14:00開始 / 17:30終了予定
8日(日) 13:30開場 / 14:00開始 / 17:00終了予定
会場: 京都劇場 (JR京都駅ビル内)
料金: 入場無料 (事前応募制) 応募はこちらから
INFO: http://www.bunka.go.jp/EastAsiakyouseiForum/index.html

2013-12-27

Keiichiro Shibuya Playing THE END

About “THE END”

2013年11月12、13、15日、ジャン・コクトーとピカソ、サティがコラボレーションしたことで知られる名門パリ・シャトレ座でボーカロイド・オペラ「THE END」の海外初公演を大成功のうちに収めた渋谷慶一郎が、待望のピアノソロ・コンサートを行います。

コンサートは「Keiichiro Shibuya Playing THE END」と題し、「THE ENDの楽曲をピアノ・ソロで弾く」をメインコンセプトにしたものです。
他にも「SPEC」を初めとした近年の映画音楽、THE ENDと並ぶ最新作となる「ATAK019」、そして「for maria」からも演奏予定です。

会場にマルチチャンネルの複数のスピーカーが持ち込まれ、コックピットのようにピアノを包囲、その中で渋谷慶一郎がピアノを演奏することが予定されており、単なるピアノコンサートの音響、音像を大きく超えるものになります。
また、12月27日、28日とそれぞれ曲目、内容の異なるものとなり、音響状態を考慮したそれぞれ300名限定のコンサートでソールドアウトは必至です。

日時
2013年12月27日(金) 開場 19:00/開演 20:00
2013年12月28日(土) 開場 18:00/開演 19:00

ピアノ 渋谷慶一郎(ATAK)
音響 金森祥之(Oasis Sound Design Inc.)
照明 高田政義(RYU Inc.)

チケット
前売り券 5,000円 
当日券  6,000円
・300名様限定のコンサートです。
・全て自由席、先着入場順でご案内致します。
・予約チケットが完売した場合、当日券の発売は行わない可能性があります。

会場
スパイラルホール (SPIRAL 3F)
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 SPIRAL 3F
T 03-3498-5793
アクセス

予約方法
下記、予約ページよりご予約ください。

2013年12月27日(金)
予約ページ 2013.12.27 Keiichiro Shibuya Playing THE END

2013年12月28日(土)
予約ページ 2013.12.28 Keiichiro Shibuya Playing THE END

注意事項
・ご予約後は、理由の如何を問わず、変更・キャンセルはお受けできません。

・会場の都合上、全席自由席となっております。先着入場順となりますので、予めご了承ください。

・このコンサートに関するお問い合わせ先:info@atak.jp
お問い合わせはメールにてお願いいたします。お電話等でのお問い合わせは受け付けておりません。

主催 
ATAK

協力 
Takagi Klavier Inc.
SPIRAL

Keiichiro Shibuya Playing THE END

About “THE END”

Keiichiro Shibuya will be performing a much awaited piano solo concert in Tokyo Spiral hall.
Shibuya recently returned from a very successful overseas performance of “THE END” which was held on November 12th, 13th, and 15th at Theatre du Chatelet, a renown theater where Jean Cocteau, Picasso, and Satie collaborated.

The concert is titled “Keiichiro Shibuya Playing THE END”, and its main concept is based on playing a piano solo of the musical compositions of THE END.
He will also be playing from recent movie soundtracks such as “SPEC”, and “ATAK019″ and “for maria”, his latest works in line with THE END.

Shibuya will be playing the piano surrounded by multichannel speakers that will be brought into the hall.
It will exceed the sound system and stereo image of a conventional piano concert.
The performances in Tokyo Spiral Hall on December 27th & 28th have different playlists and content.
The audience has been limited to 300 through thorough consideration of the acoustical condition of the hall.
This show will surely be an instant sell out.

DATE
December 27th(Fri) 2013 OPEN 19:00 / START 20:00
December 28th(Sat) 2013 OPEN 18:00 / START 19:00

Piano Keiichiro Shibuya(ATAK)
Sound Yoshiyuki Kanamori(Oasis Sound Design Inc.)
Lighting Masayoshi Takada(RYU Inc.)

TICKET
ADVANCE 5,000yen 
DOORS 6,000yen
・It is a concert for a limited audience of 300.
・All of the seats are non-reserved, on first-come-first- served basis.
・If the reservation tickets sell out, there will be no tickets sold on the day.

PLACE
SPIRAL HALL (SPIRAL 3F)
SPIRAL 3F, 5-6-23 Minami-Aoyama, Minato-ku, Tokyo
107-0062 JAPAN
T 03-3498-5793
Access

How to reserve
Please make your reservation from the reservation form in the reservation page below.

December 27th(Fri) 2013
Reservation Page 2013.12.27 Keiichiro Shibuya Playing THE END

December 28th(Sat) 2013
Reservation Page 2013.12.28 Keiichiro Shibuya Playing THE END

Important points to note:
・Reservation change or cancellation after issuance of tickets cannot be made.

・All of the seats are non-reserved seats, and are on first-come-first-served basis. We are hoping for your kind understanding.

・For more information regarding the concert, please email: info@atak.jp
Please email us for for further information. We do not accept telephone inquiries.

Sponsor 
ATAK

Cooperation 
Takagi Klavier Inc.
SPIRAL

2013-12-27

渋谷慶一郎 × Sound & Recording
『THE END』ピアノ・バージョン2曲をDSD配信

『Sound & Recording』誌の企画のもと、『THE END』の中から
「時空のアリア」と「死のアリア」の渋谷本人による
ピアノ演奏バージョンが録り下ろされた。
OTOTOYで音源を独占配信している。

エンジニア:zAk
録音場所:sonorium

渋谷慶一郎 / THE END Piano version (2.8MHz DSD+mp3 ver.)

【配信価格】
2.8MHz DSD+mp3 まとめ購入のみ 500円

【Track List】
01. Aria for Time and Space (Aria)_Close
02. Aria for Time and Space (Aria)_Far
03. Aria for Death (Aria)_Close
04. Aria for Death (Aria)_Far

購入・詳細はこちらから。

2013-11-29

渋谷慶一郎 × 高橋恭司 × 新津保建秀
「写真と音楽の近さと遠さ」

90年代の写真界のみならずヴィジュアル・カルチャー全般に多大な影響力を与え、近年、より深くラディカルな「写真」活動を続ける高橋恭司と、数多くの企業広告、音楽、映画、文藝、ファッション、建築の写真を手掛け、 異分野のクリエイターとの共同作業も多数手掛ける新津保建秀、そして自らレーベルを主宰し様々なジャンルを横断しながらフレキシブルな「音楽」活動を繰り広げる渋谷慶一郎のスペシャル対談が実現。

テーマは「写真と音楽」。

可変思考で作品を発表し続ける3人の天才が、表現方法・メディアとしての「写真」と「音楽」の類似性と相違性、そして表現者としてのお互いへの興味・関心事など、率直自由に語ります。

出演:
渋谷慶一郎(音楽家)
高橋恭司 (写真家)
新津保建秀 (写真家)

司会:
牧信太郎(IMAメディアプロジェクト)

日程: 2013年11月29日(金)
時間: 20:00 – 22:00
会場: 本屋B&B 東京都世田谷区北沢2-12-4 2F
料金: 1500円 + 1ドリンクオーダー
予約 / INFO: http://bookandbeer.com/blog/event/20131129_bt/

2013-11-12

Vocaloid Opera “THE END” Paris Performance

PLACE:
Théâtre du Châtelet (Fr)

DATE:
November 12th 2013 | open 19:30 / start 20:00
November 13th 2013 | open 19:30 / start 20:00
November 15th 2013 | open 19:30 / start 20:00

Tickets Reservation

Vocaloid Opera “THE END” Staff

Concept, Music: Keiichiro Shibuya
Starring: Keiichiro Shibuya, Hatsune Miku
Original Book conception: Toshiki Okada
Collaborative direction: Keiichiro Shibuya, YKBX
Visuals: YKBX
Costumes: LOUIS VUITTON
Stage Art: Shohei Shigematsu
Sound Programming: Evala
Vocaloid Programming: Pinocchio P
Sound Engineer: Yoshiyuki Kanamori
Lighting: Masakazu Ito
Technical Support: Masato Tsutsui
English Subscription Supervisor: Alfred Birnbaum, David d’Heilly
Translation Cooperation: Sawako Akune
Hair Makeup: Katsuya Kamo (mod’s hair)
Advisor: Aya Soejima
Stage Direction: So Ozaki
Curating, Supervisor: Kazunao Abe (YCAM)
Production Management: Ayako Watanabe (A4A inc.)
Producer: Atsunori Toshi (A4A Inc.)
Special cooperation: Crypton Future Media, INC.
Media Equipment: KORG
Cooperation: ATAK
Work Commissioned by Yamaguchi Center for Arts and Media (YCAM) 2012

*VOCALOID is a registered trademark of Yamaha corporation.

ill, dir. by YKBX
© Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
© LOUIS VUITTON

ボーカロイドオペラ「THE END」パリ公演

会場:
パリ・シャトレ座(フランス)

日程:
2013年11月12日(火) 19:30開場/20:00開演
2013年11月13日(水) 19:30開場/20:00開演
2013年11月15日(金) 19:30開場/20:00開演

Tickets Reservation

Vocaloid Opera “THE END” Staff

コンセプト、音楽:渋谷慶一郎
出演:渋谷慶一郎、初音ミク
台本:岡田利規
共同演出:渋谷慶一郎、YKBX
映像:YKBX
衣装:LOUIS VUITTON
舞台美術:重松象平
音響プログラム:evala
ボーカロイド・プログラム:ピノキオ P
音響:金森祥之
照明:伊藤雅一
テクニカル・サポート:筒井真佐人
字幕監修:Alfred Birnbaum, David d’Heilly
翻訳協力:阿久根佐和子
ヘアメイク:加茂克也(mod’s hair)
アドバイザー:副島綾
舞台監督:尾崎聡
キュレーティング、スーパーバイザー:阿部一直(YCAM)
制作進行:渡辺綾子(A4A inc.)
プロデュース:東市篤憲(A4A Inc.)
特別協力:Crypton Future Media, INC.
機材協力:KORG
協力:ATAK
Work Commissioned by Yamaguchi Center for Arts and Media (YCAM) 2012

*VOCALOID is a registered trademark of Yamaha corporation.

ill, dir. by YKBX
© Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
© LOUIS VUITTON

2013-11-27

New Release

ATAK020 THE END Keiichiro Shibuya + Hatsune Miku

THE END – Théâtre du Châtelet

release:
EU Edition
2013-11-04 Sony Music France より世界先行発売

Limited Edition (2CD+DVD+2BOOK)
EU Edition
2013-11-27 Sony Music Direct より日本国内発売

渋谷慶一郎+初音ミクのオペラ”THE END”のCDがついにリリース。
ソニー・ミュージック・フランスから世界先行発売も決定。

11月12,13,15日に行われるフランス・パリのシャトレ座で公演が世界的な注目を集めている、渋谷慶一郎+初音ミクによるオペラ 「THE END」のCDリリースがついに決定した。今年5月に東京・渋谷のオーチャードホールで公演しルイ・ヴィトンが衣装を担当するなど、常に大きな話題を集めてきた同作品だが、このCD盤のリリースによってついにその全貌が明らかになると言っていいだろう。

日本盤は11月27日にソニー・ミュージックダイレクトより「ATAK020 THE END Keiichiro Shibuya + Hatsune Miku」として完全限定の豪華版と通常盤の2種類がリリースされ、それに先立って11月4日にはダフト・パンクなどを擁するソニーミュージック・フランスより日本人としては前代未聞の世界先行発売として通常盤と同内容のCDがリリースされる。

豪華版はTHE ENDというテーマにちなんで「完全限定生産、20世紀記録メディアへのレクイエム仕様」としてLPサイズのボックスの中に、豪華執筆陣による100ページを超えるEPサイズのブックレット、カセットテープサイズのオペラ台本、CDサイズのパッケージに全曲、全ノイズを完全収録した2枚組CDと 「死のアリア」など3曲のPVと制作風景の記録などを所収したDVDを収めた、2CD+DVD+2BOOKという圧倒的なボリュームで、謎に満ちたTHE ENDの全てを徹底解剖した内容となっている。

特にブックレットではシャトレ座支配人のジャン=リュック・ショプラン、蜷川実花、茂木健一郎といったTHE END東京公演を観た各界著名人によるテクスト、インタビューの他に渋谷慶一郎による全曲解説が含まれるなど、ライナーノートやブックレットの範囲を逸脱した濃密な作りとなっている。また、通常盤では豪華盤とはアレンジの違う「時空のアリア」が収録され、ジャケットのデザインも異なるなど、見所が尽きないリリースとなっている。

ATAK020 THE END Keiichiro Shibuya + Hatsune Miku
Limited Edition

DISC1 (CD)

01. 序曲
02. ミクと動物(レチタティーボ)
03. 何しに来たの?(レチタティーボ)
04. 死のアリア(アリア)
05. 洞窟(レチタティーボ)
06. ガスマスクとガス(レチタティーボ)
07. インタールード1:タイプライター
08. 時空のアリア(アリア)
09. インタールード2:ミューテーション

01. Overture
02. Miku and Animal (Recitative)
03. What’d You Come Here For ? (Recitative)
04. Aria for Death (Aria)
05. The Cave (Recitative)
06. The Gas Mask and the Gas (Recitative)
07. Interlude 1: Typewriter
08. Aria for Time and Space (Aria)
09. Interlude 2: Mutation

DISC2 (CD)

01. きみをみていないと(レチタティーボ)
02. わたしが不完全だから(アリオーソ)
03. 超生物のテーマ(レチタティーボ)
04. 会いたかった(レチタティーボ)
05. 声と言葉のアリア(アリア)
06. 終わりのアリア(アリア)

01. I Have to Take Care of You (Recitative)
02. Because I Am Imperfect (Arioso)
03. Theme of Superanimal (Recitative)
04. I Missed You (Recitative)
05. Aria for Voices and Words (Aria)
06. Aria for the End (Aria)

DISC1 47’14”
DISC2 36’35”
Total Time 83’49”

DISC3 (DVD)

01. 死のアリア(アリア)Music Video
02. 時空のアリア(アリア)Music Video
03. 終わりのアリア(アリア)Music Video
04. THE END Teaser
05. THE END 制作風景の記録

01. Aria for Death (Aria) Music Video
02. Aria for Time and Space (Aria) Music Video
03. Aria for the End (Aria) Music Video
04. THE END Teaser
05. Making Movie of THE END at YCAM

Total Time 39’35”

ATAK020 THE END Keiichiro Shibuya + Hatsune Miku
EU Edition

01. 序曲
02. ミクと動物 (レチタティーボ)
03. 何しに来たの?(レチタティーボ)
04. 死のアリア(アリア)
05. ガスマスクとガス(レチタティーボ)
06. 時空のアリア(アリア)
07. きみをみていないと (レチタティーボ)
08. わたしが不完全だから(アリオーソ)
09. 超生物のテーマ(レチタティーボ)
10. 会いたかった(レチタティーボ)
11. 声と言葉のアリア(アリア)
12. 終わりのアリア(アリア)

01. Overture
02. Miku and Animal (Recitative)
03. What’d You Come Here For ? (Recitative)
04. Aria for Death (Aria)
05. The Gas Mask and the Gas (Recitative)
06. Aria for Time and Space (Aria)
07. I Have to Take Care of You (Recitative)
08. Because I Am Imperfect (Arioso)
09. Theme of Superanimal (Recitative)
10. I Missed You (Recitative)
11. Aria for Voices and Words (Aria)
12. Aria for the End (Aria)

Total Time 75’57”

All Produced and Composed by Keiichiro Shibuya (ATAK)
Keyboards, Programming, Piano (Aria for Voices and Words): Keiichiro Shibuya

Additional Beat And Noise: Evala (ATAK, port)
Vocaloid Programming: Pinocchio P
Noise And Error Sound File: Takashi Ikegami (The University of Tokyo)
Guitar (Aria for Voices and Words): Yoshito Tanaka

Mixed by Taiji Okuda (StudioMSR, IXY Music Inc.)
Additional Mix by Keiichiro Shibuya, Evala
Mastered by Ted Jensen (Sterling Sound)

Art Direction & Design by Ryoji Tanaka (ATAK, Semitransparent Design)
Additional Design by Keiichiro Shibuya, Kenshu Shintsubo
Photograph by Kenshu Shintsubo
Illustration by YKBX

Printed by GRAPH