2019-10-19

高野山で世界平和を祈る祭典「World Peace Gathering」にて、300人の僧侶と仏教マンダラのコラボレーションを発表

高野山 Peace Mandala

 

2019年10月18日から20日までの三日間、世界中の僧侶が集まり世界平和へ祈りを捧げる「World Peace Gathering 2019」が、弘法大師空海によって1200年前に開かれた聖地高野山にて開催。

10月19日に行われる「Peace Mandala」では、アメリカ全土だけでなく世界各地に支部を持つCompaSSによって行われるマンダラにおいて、CompaSSの僧侶300人と渋谷による電子音楽との壮大なコラボレーションが披露される。

また、今回の高野山で行われるPeace Mandalaでは、SOMA DESIGN 廣川玉枝氏が空間演出を務める。弘法大師空海がかつて高野山で行った、万の灯明を集め祈りを捧げる「万灯万華」のコンセプトを元に作られた光の演出で、高野山の自然そのものと深い一体感を感じる事ができるだろう。

 

World Peace Gathering 開催プログラム

WPG プログラム

Peace Mandalaについて

「Peace Mandala」は2009年より毎年アメリカ合衆国カリフォルニア州南部にてCompaSSが主催で行なっている祈りの祭典。世界各国より2000人規模の人々が集まり人々の参列によってマンダラを形成し世界平和のために祈り続けています。

 

World Peace Gathering 開催概要
開催日時: 2019年10月18日(金)~20日(日)
会場:壇上伽藍金堂、高野山大学黎明館、高野山大師教会、他
主催:World Peace Gathering2019 実行委員会
共催:Compassionate Service Society
協賛:東方文化支援財団
制作協力 : 株式会社アルファセンセーション
後援 : 高野山真言宗 総本山金剛峯寺、一般社団法人 高野町観光協会、高野町 他
オフィシャルWebページ:https://www.wpg-koyasan.com/

 

Peace Mandala 開催概要
日時:2019年10月19日 開場 17:15 / 開演 18:00
場所:高野山大学 松下講堂・黎明館(和歌山県伊都郡高野町高野山385)