ATAK018 Soundtrack for Memories of Origin Hiroshi Sugimoto

018


















Total Time 57’11”

Produce, Composition, Piano: Keiichiro Shibuya
Recording, Mixing, Editing: Keiichiro Shibuya at Studio ATAK

Piano Technician: Megumi Ohmamiuda
Additional Editing: evala (ATAK, port)
Recording Support: Taiji Okuda (Studio MSR)

Mastering: kimken at kimken studio, 2012

Photograph: Hiroshi Sugimoto: Villa Savoye – Le Corbusier, 1998 Design: Ryoji Tanaka (ATAK, Semitransparent Design)
Print: Graph


購入はこちら
amazon.jp

映画「はじまりの記憶 杉本博司」のサウンドトラック、「ATAK018 Soundtrack for Memories of Origin Hiroshi Sugimoto」はいわゆるサントラの枠を超えて、渋谷慶一郎が作曲・演奏・レコーディングの全てを自らのスタジオで一人で行った、限りなくソロアルバムに近い内容となっています。

ピアノ・ソロからピアノの多重録音、残響のプロセッシングまでを縦横に行き来し、ピアノの可能性を探求した全く新しいピアノ・アルバムがここに誕生しました。

そして、CDジャケットには杉本博司の代表作の一つとも言えるル・コルビジェのサヴォア邸の写真を使用。
セミトランスペアレントデザインの田中良治がデザインしています。