ATAK003 stilluppsteypa

003
















かつて僕はmemeというレーベルで彼らの”Has(Or Has Not) Happened”というアルバムをリリースしたことがある。
自分で出しておいて何だが、あの作品はナゾだった。
何をやろうとしているのかも、どうやっているのかも、なぜそうなるのかも、すべてが謎めいていた。
思えばスティルアップステイパという存在自体が、多くのクエスチョンマークに包まれている。
彼らの音楽は大まかに言えば実験電子音響のフィールドにカテゴライズされるのだろうが、しかしそのサウンドは他の誰にも似ていない。
メンバーが一人抜け、デュオになったこの最新作においてもなお、いやむしろ尚更に、彼らの謎度は深まっているように思える。
スティルアップステイパは、エレクトロニック・ミュージックのスフィンクスである。

佐々木 敦(headz/fader)

今もアトリエでたのしく聞かせてもらっています。
僕は大好きです。正直言えば、後遺症が残っている人間向けの作品ですね。
音を肉眼で見ている視点から、徐々に顕微鏡で覗いた小さな粒子の状態を発見していくような作業。

三原康裕(sosu/mihara yasuhiro)